医学総合図書館(旧HPはこちら
 溝口病院図書室(HPはこちら
 ちば総合医療センター図書室
 
 

医学総合図書館カレンダー

前年2019次年
前月04次月
1
予定なし
2
予定なし
3
予定なし
4
予定なし
5
予定なし
6
予定なし
7
予定なし
8
予定なし
9
予定なし
10
予定なし
11
予定なし
12
予定なし
13
予定なし
14
予定なし
15
予定なし
16
予定なし
17
予定なし
18
予定なし
19
予定なし
20
予定なし
21
予定なし
22
予定なし
23
予定なし
24
予定なし
25
予定なし
26
予定なし
27
予定なし
28
予定なし
29
予定なし
30
予定なし
 
9:00~24:00(12:30)
 
9:00~24:00(17:00)
 
閉館
イベント
アラート
50829
 
ログインを行うと利用状況を確認することができます。

新任館長の挨拶


 
 
医学部産婦人科学講座 主任教授 綾部琢哉

 「薔薇の名前」に出てくる図書館が、古来の図書館というイメージをよく具現していると思います。文字と印刷技術とにより書物が作られ、それを保管して公開し未来へと繋げる。情報は稗田阿礼によるような口伝ではなく、木片、粘土板、紙媒体により伝えられ、精度を保ちながら広く共有されました。
 組織の中での職務は、特に技術的な修練の入る余地がない領域では、情報に接する機会の多寡とその質により階層づけられてきました。
 書物が物質として貴重だった頃、一度読了されたら殆ど再利用されない書物を皆で読むことにすれば、書写による誤差を防ぎ、物質資源も節約できました。
 生まれた時から電子媒体とともに生きている今の世代にとって、世界観は大きく変わりました。先人の努力の結晶である書籍に囲まれた環境下でも、その霊気に威圧されることは無さそうです。情報は一瞬で共有され量的な差異は階層形成における意味を失いました。
 この時代にあって、図書館の意義も変化を求められています。
 人事評価に際して少なくとも見かけは「客観的」であるものが求められ、論文数とその点数が数的評価に繋がるのは世界中共通のことです。その論文の情報に知的財産権が付与され、共有に際して経済的な問題が生じてきます。紙媒体の情報を個々人が購入していた時に比べ、図書館が1冊購入して皆が閲覧するようになれば、出版する側に経済的な不利益が生じますから、図書館が支出する電子媒体での購読料が利用者数により差がつくのは当然です。しかしながら、今はその経済的基準が曖昧なままで、これも世界規模での問題です。
 利用者が電子媒体を通じて情報に自由に接することができるような態勢を維持すること、これがおそらく、今の図書館に求められる姿なのかもしれません。
 乃木希典が目を通した書物には色付きで様々な印が記入されていたそうです。それを辿ることによって読み手の思考回路をも辿ることができる・・・紙媒体を精神的遺産として感じてしまう古い人間が、2019年4月1日付で図書館長を拝命致しました。宜しくお願い申し上げます。
 2019年4月吉日
 
 

医学総合図書館からのお知らせ

学習・研究支援ツール
(学内専用)

 
  *ツールの概要は、旧医学総合図書館ホームページをご覧ください。
 

新着案内

貸出ランキング

  • 医療情報科学研究所編. -- Medic Media, 2011. -- (病気がみえる / 医療情報科学研究所編 ; v. 7).<図書>
  • 医療情報科学研究所編. -- 第4版. -- メディックメディア, 2017. -- (病気がみえる / 医療情報科学研究所編 ; v. 2).<図書>
  • 医療情報科学研究所編. -- 第2版. -- Medic Media, 2014. -- (病気がみえる / 医療情報科学研究所編 ; v. 8).<図書>

Paper of the Month



2019. Feb-1

医学部 病理学講座 

「尿路上皮癌では癌細胞のCD10発現は癌間質のCD10発現以上に癌進展と関連している」
Tumorous CD10 is more strongly related to the progression of urothelial carcinoma than stromal CD10
Kumagai-Togashi A, Uozaki H, Kikuchi Y, Watabe S, Numakura S, Watanabe M.
Anticancer Res.
2019 Feb;39(2):635-640

 尿路上皮癌でのCD10発現の意義は議論が残っている。CD10はメタロペプチダーゼでの一つで、血球系以外でも発現している。これまでに我々は尿路上皮癌でのmiR-21発現が癌進展と関連することを報告している(Histopathology
69:993-9, 2016)。今回の研究では尿路上皮癌でのCD10発現の意義をmiR-21発現とも比較しながら、検討した。
 232例の尿路上皮を対象とした。膀胱癌187例、尿管癌23例、腎盂癌22例からなる。TUR-Bt例と手術切除症例が含まれる。ティシューアレイを利用し、抗CD10抗体による免疫組織化学的検索を行った。癌細胞での発現と癌間質での発現をわけて評価し、癌の進展、予後との関係を検索した。発現の評価は強度スコアと陽性細胞の割合スコアを乗じたスコアを用いた。
 癌細胞でのCD10高発現は25例(11%)、癌間質での高発現は11例(5%)で観察された。癌細胞でのCD10高発現は高ステージ(P=0.004)、異型度(P=0.017)、リンパ管侵襲(P=0.003)、血管侵襲(P<0.001)、予後不良(P=0.003)と関連していた。一方で、癌間質でのCD10発現は若めの年齢(P=0.013)、高ステージ(P=0.005)、リンパ管侵襲(P<0.001)、血管侵襲(P=0.008)、リンパ節転移(P=0.023)と関連があった。多変量での生存率解析では癌細胞のCD10発現、癌細胞でのCD21発現、癌間質でのmiR-21発現とステージが独立した予後因子であった。
 尿路上皮癌では癌細胞でのCD10発現が癌間質でのCD10発現以上に癌の進行と関連し、独立した予後因子であることがわかった。今後、CD10やmiR-21をターゲットとする治療が想定される。
文責:宇於崎 宏
(2019.04.08)
 

Paper of the Month



2019. Feb-2

医学部 眼科学講座 

「加齢黄斑変性における房水中のサイトカイン濃度」
Aqueous Humor Levels of Cytokines in Patients with Age-Related Macular Degeneration.
Mimura T, Funatsu H, Noma H, Shimura M, Kamei Y, Yoshida M, Kondo A, Watanabe E, Mizota A.
Ophthalmologica.
2019;241(2):81-89

 加齢黄斑変性は成人の失明原因の上位に位置する疾患である。本疾患においては血管新生が主な原因と考えられ、血管内皮増殖因子(VEGF)が重要な役割を果たしているものと考えられている。通常治療には抗VEGF抗体の硝子体注射が行われている。しかしこの治療に抵抗性の症例も存在し、またいくつかの研究では硝子体中のVEGFの上昇が認められない症例もあるとの報告もあるため、VEGF以外のほかの要素も本疾患の発症に関係あるのではないかと思われる。このような背景のもと、本研究ではVEGFを含めた加齢黄斑変性の症例とコントロールとして白内障の手術前の症例で房水(眼内を循環する水)を採取して、11種類のサイトカインを測定した。測定したサイトカインはVEGF, sVEGFR-1, sVEGFR-2, PGF, TNF-α, sICAM-1, MCP-1, IL-6, IL-8, IL-12, IL-13である。その濃度をコントロールと比較するのと同時に、加齢黄斑変性のタイプによる比較、および加齢黄斑変性の症例でサイトカイン同士の相関を検討した。加齢黄斑変性においてはコントロールと比較してVEGF系のサイトカインとMCP-1, IL-6,IL-8が有意に上昇していた。加齢黄斑変性のタイプによる違いは認められなかった。また加齢黄斑変性の症例の中では、sVEGFR-1はsVEGFR-2と、PGFはMCP-1とIL-8と、sICAM-1はMCP-1とIL-8と、MCP-1はIL-6とIL-8と有意な相関がみられた。結論として加齢黄斑変性では房水中のVEGFとVEGFレセプター 関連のたんぱく及び炎症関係のたんぱくの上昇がみられた。これらの結果から抗VEGF治療でも改善しない加齢黄斑変性の症例は何らかの炎症の要素が関与しているのではないかと推察され新たな治療法が必要となる可能性が示唆された。
文責:溝田 淳
(2019.04.22)