新任館長の挨拶


 
 
医学部産婦人科学講座 主任教授 綾部琢哉

 「薔薇の名前」に出てくる図書館が、古来の図書館というイメージをよく具現していると思います。文字と印刷技術とにより書物が作られ、それを保管して公開し未来へと繋げる。情報は稗田阿礼によるような口伝ではなく、木片、粘土板、紙媒体により伝えられ、精度を保ちながら広く共有されました。
 組織の中での職務は、特に技術的な修練の入る余地がない領域では、情報に接する機会の多寡とその質により階層づけられてきました。
 書物が物質として貴重だった頃、一度読了されたら殆ど再利用されない書物を皆で読むことにすれば、書写による誤差を防ぎ、物質資源も節約できました。
 生まれた時から電子媒体とともに生きている今の世代にとって、世界観は大きく変わりました。先人の努力の結晶である書籍に囲まれた環境下でも、その霊気に威圧されることは無さそうです。情報は一瞬で共有され量的な差異は階層形成における意味を失いました。
 この時代にあって、図書館の意義も変化を求められています。
 人事評価に際して少なくとも見かけは「客観的」であるものが求められ、論文数とその点数が数的評価に繋がるのは世界中共通のことです。その論文の情報に知的財産権が付与され、共有に際して経済的な問題が生じてきます。紙媒体の情報を個々人が購入していた時に比べ、図書館が1冊購入して皆が閲覧するようになれば、出版する側に経済的な不利益が生じますから、図書館が支出する電子媒体での購読料が利用者数により差がつくのは当然です。しかしながら、今はその経済的基準が曖昧なままで、これも世界規模での問題です。
 利用者が電子媒体を通じて情報に自由に接することができるような態勢を維持すること、これがおそらく、今の図書館に求められる姿なのかもしれません。
 乃木希典が目を通した書物には色付きで様々な印が記入されていたそうです。それを辿ることによって読み手の思考回路をも辿ることができる・・・紙媒体を精神的遺産として感じてしまう古い人間が、2019年4月1日付で図書館長を拝命致しました。宜しくお願い申し上げます。
 2019年4月吉日
 
Amazon連携(GreaseMonkey for Amazon)

Amazon連携(GreaseMonkey for Amazon)とは

Amazonで検索した書籍のページから、webOPACへのリンクを表示させる機能です。
下の画像のように、Amazonで検索した資料をwebOPACで自動的に検索します。

ご利用には インターネットブラウザFirefoxと 、Firefoxの拡張機能Greasemonkey
インストールが必要となります。

帝京大学向けAmazon連携(GreaseMonkey for Amazon)

※本のみのサービスです。
 視聴覚、雑誌は帝京大学で所蔵していても(蔵書なし)となります。



Amazon連携(GreaseMonkey for Amazon)を使用するには

1.Firefoxをインストールします。
 こちらからインストールしてください。
 既にインストール済みの方は2.へお進みください。

※これ以降の手順は Firefox で行ってください。

2.Firefoxの拡張機能 GreaseMonkey を Firefox に追加します。
 こちらから追加してください。

3.下記のリンクをクリックします。
 インストール確認のダイアログが表示されるため、「インストール」ボタンを
 押して、Amazon連携用のスクリプトを GreaseMonkey に追加します。
 こちらからインストールしてください。

以上でインストールは終了です。
※「帝京大学OPACで検索 (蔵書あり)」が表示されない場合
  Mozilla Firefox を再起動してください。
  「最新の情報を更新」(F5)を押してください。 
これで、FirefoxでAmazonを検索した際に、webOPACへのリンクが表示されるように
なります。
資料の検索に是非ご活用ください。

※ご注意※
Amazonのレイアウト変更が行われた場合、また、Firefox, Greasemonkey のバージョン等によっては、正常に動作しないことがあります。