宇都宮キャンパス 研究年報 人文編 第1号~17号 目次のみ

1

ファルク教育法案(1877年)と民衆学校の維持管理機構問題
遠藤 孝夫
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (1), 1-24, 1991-12

梅津心理学を読む1:知覚の機能と成立基盤について
深谷 澄男
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (1), 25-86, 1991-12

イギリス近代小説の成立過程 1
飯塚 英一
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (1), 87-106, 1991-12

Self-Evaluation for Better Teaching: An Attempt to Promote Foreign Language Acquisition in Large Classes
                Naoshi Satoh (佐藤 直史)
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (1), 107-118, 1991-12

かたち論叢
塩田 安男
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (1), 119-154, 1991-12

高校保健授業プログラムの開発:脳死について
                      滝沢  武
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (1), 155-236, 1991-12


===============================================================================
2

意思決定過程における高次確率の役割
横山明子 繁桝算男
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (2), 1-20, 1992-12

Die Stellung Indiens bei Friedrich Schlegel
Gen NAKAMURA
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (2), 21-40, 1992-12

視知覚と自己制御システム:行動の体制化と輔生の実践
深谷澄男 斎藤和男 松原隆
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (2), 41-96, 1992-12

1890年代プロイセン初等教育政策の形成過程の研究 1
遠藤孝夫
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (2), 97-128, 1992-12

英文学者としての夏目漱石 1
飯塚英一
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (2), 129-144, 1992-12

精神保健授業プログラムの民族誌的研究法
滝沢武
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (2), 145-158, 1992-12

===============================================================================
3

数の概念と操作の心理学的分析
深谷澄男 金田智子

On Promoting Foreign Language Acquisition in Large Classes: Multi-strategies for Better Achievement
Naoshi Satoh
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (3), 71-90, 1993-12

知識社会の組織均衡
寺尾廣太郎
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (3), 91-126, 1993-12

シェリング晩年のヘルダーリン観 1
高橋秀誠
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (3), 127-160, 1993-12

進路決定における意思決定モデル学習の効果
横山明子
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (3), 161-178, 1993-12

1890年代プロイセン初等教育政策の形成過程の研究 2
遠藤孝夫
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (3), 179-223, 1993-12

書かれてい<『古事記』・・<対話>のあり方 (1)
森昌文
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (3), 224-242, 1993-12

================================================================================
4

プロイセン「一般諸規程」(1872年)と初等教育の条件整備施策
遠藤孝夫
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (4), 1-24, 1994-12

大学生の「職業的アイデンティティ」形成に関する研究 : 学部の影響を中心として
横山明子
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (4), 25-44, 1994-12

実践研究のための心理学の基礎と視点
深谷澄男
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (4), 45-168, 1994-12

コンピュータによる進路決定支援システムの構築
                                横山明子
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (4), 169-188, 1994-12

シェリング晩年のヘルダーリン観 2
高橋秀誠
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (4), 189-217, 1994-12

書かれてい<『古事記』・・<対話>のあり方 (二)
森 昌文
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (4), 218-238, 1994-12

================================================================================
5

中継ぎ系としての身体の動きの構造 1
深谷澄男
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (5), 1-106, 1995-12

Can an Introduction into "Intercultural Viewpoints" Provide a Positive Means of Motivating EFL Learners in Their Language Acquisition Process?
Naoshi Sato(佐藤直史)
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (5), 107-138, 1995-12

コンピュータによる進路決定支援システムの構築(2)
                         横山明子
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (5), 139-166, 1995-12

教育政策家ヘルムート・ベッカーの人的・思想的系譜
遠藤孝夫
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (5), 167-194, 1995-12

管理された学校195
ヘルムート・ベッカー
遠藤孝夫(訳)
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (5), 195-228, 1995-12

<葦原〉と<荒ぶる神〉考
森 昌文
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (5), 229-249, 1995-12

=================================================================================
6

教職課程履習者における教育活動に対する意識の変化 : 教育実習レポートとアンケートの分析 1
浅野五郎、遠藤孝夫、横山明子

ドイツにおける私立学校法制の歴史的展開
遠藤孝夫
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (6), 27-68, 1996-12

簡化日本語の構成:コミュニケーション障害の克服に向けて  69
                    深谷澄男、松原 隆、齊藤和男
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (6), 69-180, 1996-12

職業的自己実現と進路指導 1
                               横山明子
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (6), 181-224, 1996-12

留学経験者のキャリア形成
                               横山明子
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (6), 225-244, 1996-12

「コミュニケーション要素」の妥当性の検討
              佐藤直史、金子昌子、青野 修、阿部徳之助
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (6), 245-254, 1996-12

ドイツにおける「インド学」成立前史
   ―ヘルダー、ノヴァーリス、Fr.シュレーゲルの『シャクンタラー』受容-255
                               中村 元
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (6), 245-271, 1996-12


===============================================================================
7

ノヴァーリスにおける「黄金時代」の理念
中村 元
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (7), 1-11, 1997-12

留学経験が自己形成に及ぼす影響
横山明子
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (7), 13-42, 1997-12

HIV/AIDS教師研修の事例研究:反省的実践にむけて
滝沢 武
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (7), 43-62, 1997-12

インターネットを利用した英語教育の実践報告と課題
佐藤直史
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (7), 63-76, 1997-12

教職課程履修者の教育活動に対する意識の変化 2
浅野五郎・横山明子
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (7), 77-104, 1997-12

若きヘルダーリンによる古代文芸の修辞学的分析 : 『ソロモンの《箴言》とヘシオドス〈仕事と日々》の類似』をめぐって 1
高橋秀誠
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (7), 105-133, 1997-12

ツチグモ伝承考1
森 昌文
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (7), 一-十六, 1997-12


=================================================================================
8

マスメディアの情報を活用した第二言語の習得向上を図る異文化アプローチ : 「ヒロシマの米国人」,「カリフォルニアの巻き寿司」及び「機内の緊急手術」
ダイアン・ホネマン 佐藤 直史 ジェイソン・アッカーマン
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (8), 1-14, 1998-12

異文化情報を用いた第二言語教育に対する示唆 : ロマ民族(ジプシー)の起源及びスペインのロマ(ジプシー)文化
マリーナ・I・カーター 佐藤 直史 ジェイソン・アッカーマン
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (8), 15-28, 1998-12

教職課程履修者の教育活動に対する意識の変化 3
浅野五郎・横山明子
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (8), 29-58, 1998-12

メンタルヘルス教育としてのバスケットボール : 体育実技レポートの分析から
滝澤 武
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (8), 59-70, 1998-12

大学生のための進路指導
横山明子
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (8), 71-94, 1998-12

後期シェリングとインド神話95
中村  元
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (8), 95-122, 1998-12

〈夜刀の神〉伝承考 1
森 昌文
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (8), 一-十六, 1998-12

===============================================================================
9

教職課程履修者の教育活動に対する意識の変化(4)
浅野 五郎 , 横山 明子
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (9), 1-33, 1999-12

大学生のための進路指導(2)
横山 明子
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (9), 35-54, 1999-12

若きヘルダーリンによる古代文芸の修辞学的分析--『ソロモンの《箴言》とヘシオドス《仕事と日々》の類似』をめぐって(2)
高橋 秀誠
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (9), 55-69, 1999-12

外国語の学習意欲を高める比較文化的及び歴史的教材としての絵画や大衆芸術:「福岡シティー銀行」のヴァンゴッホからサンフランシスコの浮世絵及びバーガーキング・ピカチュウまで
佐藤 直史 , Akerman Jason
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (9), 71-93, 1999-12

スポーツ文化論
徳田 有基
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (9), 1-16, 1999-12

<ヤマトタケル>モデル論の検討
森 昌文
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (9), 17-26, 1999-12

===================================================
10

教職履修者の教育活動に対する意識の変化(5)
浅野 五郎 , 横山 明子
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (10), 1-23, 2002-03

男性のための地域精神保健ソーシャルワーク
滝澤 武
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (10), 25-36, 2002-03

大学生の進路指導(3)
横山 明子
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (10), 37-71, 2002-03

ヘーゲルのバガヴァッドギーター論
中村 元
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (10), 73-114, 2002-03


==============================================================
11

前期ステュアート朝のイングランド--国王と議会の対立の構図
飯塚 英一

帝京大学理工学部研究年報 人文編 (11), 1-18, 2004-03

大学生の進路決定--進路決定に対する関心度の重要性
横山 明子
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (11), 19-61, 2004-03

ヘンダーリンの1801年12月4日付ベーレンドルフ宛書簡--注解と研究批評(上)
Szondi Peter , 高橋 秀誠 [訳]
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (11), 63-79, 2004-03

ヘーゲルのトリムールティ理解
中村 元
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (11), 81-91, 2004-03

=========================================================
12

グローバル・エイジの語学教育における異文化理解の教材の意義
佐藤 直史
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (12), 1-28, 2005-03

西部時代のマーク・トウェイン(前)
飯塚 英一
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (12), 29-44, 2005-03

ヘンダーリンの1801年12月4日付ベーレンドルフ宛書簡--注解と研究批評(下)
Szondi Peter , 高橋 秀誠 [訳]
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (12), 45-60, 2005-03

ベルリンのチャンドラ・ボース--インド独立運動と第三帝国(1)
Simonsen Andreas , 中村 元
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (12), 61-82, 2005-03

大学生のキャリア教育
横山 明子
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (12), 83-105, 2005-03

============================================================
13

理工系学生への文章表現法指導の実際
川本 信幹
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (13), 1-41, 2006-12

西部時代のマーク・トウェイン(後)
飯塚 英一
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (13), 43-54, 2006-12

スバス・チャンドラ・ボース、その生死の謎
中村 元 , ジモンゼン アンドレアス
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (13), 55-96, 2006-12

WebCTによるキャリア教育システムの構築(1)
横山 明子
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (13), 97-112, 2006-12

大学生のQOL(生活の質)を高めるメンタルヘルスケアプログラムの開発(1)
滝澤 武 , 横山 明子 , 伊藤 和也 [他]
帝京大学理工学部研究年報 人文編 (13), 113-124, 2006-12

=========================================================
14

生命倫理の重要論文、シューモン「長期にわたる<脳死>」(1998)の衝撃--近年明らかになってきた通常の脳死概念の矛盾
小松 真理子
帝京大学宇都宮キャンパス研究年報 人文編 (14), 1-12, 2008-06

それぞれの南北戦争(1)ユリシーズ・S・グラント
飯塚 英一
帝京大学宇都宮キャンパス研究年報 人文編 (14), 13-42, 2008-06

理工系学生への文章表現法指導の実際(その2)半期指導から通年指導への発展
川本 信幹
帝京大学宇都宮キャンパス研究年報 人文編 (14), 43-67, 2008-06

スバース・チャンドラ・ボース、その生死の謎(2)シャー・ナワーズ・カーン調査委員会報告について中村 元
帝京大学宇都宮キャンパス研究年報 人文編 (14), 69-142, 2008-06

Practice of creative writing still in embryo stage: the WebCT as a vehicle of language learning
Ueda Tadashi , Satoh Naoshi
帝京大学宇都宮キャンパス研究年報 人文編 (14), 143-212, 2008-06

=============================================================
15

ヘレン・ケラーをめぐる人々(1)アン・サリヴァンの少女時代
飯塚 英一 , 佐藤 幸一
帝京大学宇都宮キャンパス研究年報 人文編 (15), 1-31, 2009-12

辞書の中の「日本」の変化
前原 由幸
帝京大学宇都宮キャンパス研究年報 人文編 (15), 33-51, 2009-12

大学生のQOLを高めるメンタルヘルスケアプログラムの開発(2)SWC元気点検票を用いた支援の検討
滝澤 武 , 横山 明子 , 伊藤 和也 [他]
帝京大学宇都宮キャンパス研究年報 人文編 (15), 53-75, 2009-12

進路選択・決定に関する課題認知尺度の検討
横山 明子
帝京大学宇都宮キャンパス研究年報 人文編 (15), 77-105, 2009-12

================================================================
16

ベルリンのチャンドラ・ボース--インド独立運動と第三帝国(2)
中村 元 , ジモンゼン アンドレアス
帝京大学宇都宮キャンパス研究年報 人文編 (16), 1-34, 2010-12

大学生の職業指導(キャリアガイダンス)のあり方
横山 明子
帝京大学宇都宮キャンパス研究年報 人文編 (16), 35-62, 2010-12

学生の心理的成長を促すための支援--課外活動におけるハラスメント予防研修を通して
伊藤 和也 , 滝澤 武 , 横山 明子 [他]
帝京大学宇都宮キャンパス研究年報 人文編 (16), 63-96, 2010-12

留学生に対する日本語教育と大学生活の支援--帝京大学宇都宮キャンパスにおける取り組み
田中 瑠美
帝京大学宇都宮キャンパス研究年報 人文編 (16), 97-107, 2010-12

自伝対文壇--挑発する自伝、アウグスティヌスとルソーの『告白』
上田 督
帝京大学宇都宮キャンパス研究年報 人文編 (16), 109-128, 2010-12

======================================================
17

大学における総合基礎教育のあり方(試論)帝京大学宇都宮キャンパスでのわたくしの試み
草川 剛人
帝京大学宇都宮キャンパス研究年報. 人文編 (17), 1-24, 2011-12

それぞれの南北戦争(2)オリオン・クレメンズ
飯塚 英一
帝京大学宇都宮キャンパス研究年報. 人文編 (17), 25-50, 2011-12

why+to不定詞構文について
前原 由幸
帝京大学宇都宮キャンパス研究年報. 人文編 (17), 51-62, 2011-12

産婆術書の系譜 : 16世紀半ばまでの産婆術書は誰が書いたのか
小松 真理子
帝京大学宇都宮キャンパス研究年報. 人文編 (17), 63-81, 2011-12

理工系大学生のための進路決定支援ツールの開発
横山 明子
帝京大学宇都宮キャンパス研究年報. 人文編 (17), 83-132, 2011-12

=========================================================