レビュー一覧 1件~10件(全2569件)

表示する対象を選択してください。

1
イメージ

TAKER : 復讐の贈与者

日野草 [著]. -- KADOKAWA, 2017. -- (角川文庫 ; [ひ-27-3]).
ISBN:9784041058657

「邂逅」そしてその果てに。

バベルに続く「復讐の贈与者シリーズ」の第3巻であり、完結編となる本作。ギバー、バベルのなかの時間軸がここですべて終結する。心がない、他者の感情がよくわからない青年の義波がボスである「テイカー」のために… 続きを見る

2
イメージ

自然界のパレット

「鉱物」や「鉱石」と聞くと、山奥で採れる地味なものといったイメージが強いかもしれない。しかし、青色に光る鉱物、透明な鉱物、見た目がチョコレートのような鉱物、割ると中が鮮やかなピンク色になっている鉱物な… 続きを見る

3
イメージ

もぐらはすごい

アヤ井アキコ著. -- アリス館, 2018.
ISBN:9784752008378

貴方はまだ、ホンモノのモグラの凄さを知らない

モグラくんはシュークリームみたいな手をしている。その手の力は小さい子供がお相撲さんを4人持ち上げられる程にパワフルだ。春に生まれたモグラは夏には家を出る。数ある動物の中で短い親子生活。「日本には合計8… 続きを見る

4
イメージ

空っぽだから映せるモノ

空っぽ。空っぽという事は何でも入れられるし、入れたものそのままが映る。主人公の青山霜介は事故で親を亡くしてから空っぽだった。何もない真っ白な部屋のように。高校からそのまま意味を見出せずにエレベーター式… 続きを見る

5
イメージ

20歳(はたち)のソウル

中井由梨子 [著]. -- 幻冬舎, 2021. -- (幻冬舎文庫 ; な-48-1).
ISBN:9784344430860

君へのエール

浅野大義さんは20歳という若さで亡くなった。だが、そんな彼が遺した物、彼の日々をこの本で実感出来る。告別式での164人の演奏。700人にのぼる葬列者の列。彼が青春を過ごした市船吹奏楽部での生活、彼が遺… 続きを見る

6
イメージ

異セカイ系

名倉編著. -- 講談社, 2018. -- (講談社タイガ ; [ナD-01]).
ISBN:9784065125557

あなたも異セカイの人間

自由だった最初は分からなかった。この伏線の数々が。読んでいけばいく程にこの本は単なる作品ではなく、複雑で緻密な作品である事が分かった。ニートからフリーターになった主人公の神(じん)が、趣味の小説を書い… 続きを見る

7
イメージ

BABEL : 復讐の贈与者

日野草 [著]. -- KADOKAWA, 2017. -- (角川文庫 ; 20432, [ひ27-2]).
ISBN:9784041058435

バベルの塔で「邂逅」したのは運命か?

一人の悪意によって引き合う義波たち「援助者(サポーター)」と悪のための融資を行う「悪事銀行(バンク)」が邂逅する。これは果たして運命なのか必然なのか、はたまた仕組まれたものなのか。。。どちらも同じよう… 続きを見る

8
イメージ

これは王国のかぎ

荻原規子著. -- 中央公論新社, 2007. -- (中公文庫 ; [お-65-9]).
ISBN:9784122048119

水(なみだ)の枯れ果てた少女の「かぎ」

「あたしはあたしでいることを、やめたい」ぐちゃぐちゃに泣いて、自分が大嫌いになってしまったひろみは、眠りから覚めると、見知らぬ砂漠で魔神(ジン)になっていた。初めは戸惑ったが、彼女はすぐ受け入れた。な… 続きを見る

9
イメージ

「読めば都」

 この長時化な令和の時代を生きろ?きぶっせぇ!やってられねぇ! だったら行こう。江戸に行こう。 まさに「てやんでい」と返ってきそうだが、心配はいらない。物件探しにおける大家さんとの交渉から江戸の町での… 続きを見る

10
イメージ

福音書には「こころ」をすませて

 こんなにも素直な自己紹介をタイトルで行う本に出会ったことがあるだろうか。 扱う内容にぎょっとしてしまいそうだが、どうか早まらないでいただきたい。「はじめに」でも書かれるが、この本はキリスト教を「信じ… 続きを見る